DISCOGRAPHY

2017.6.7 in stores!
THE SWING KIDS 3rd album
‘FIELD of DREAMS’

Diwphalanx Records
PX324/CD/¥2,700(in TAX)


1.SILENT CITY
2.HAVE SOME FUN TONIGHT
3.YOU ALWAYS LOVE ME
4.SURFER GIRL(BEACH BOYSカヴァー)
5.LA LA MEANS YOU
6.LOST TIME
7.BASKET CASE(GREEN DAYカヴァー)
8.FIELD OF DREAMS
9.GOD ONLY KNOWS
10.BUS STOP(THE HOLLIESカヴァー)
11.I NEED TO BE IN LOVE(CARPENTERSカヴァー)
12.INNOCENCE


大ヒットセールとなったLEARNERSとのSPLIT SINGLE (Niw! Records/NIW126)にてHi-STANDARDの名曲『GROWING UP』のカヴァーを披露し、注目を浴びるTHE SWING KIDS待望の最新作、サード・フルアルバム、Diwphalanx Recordsにてリリース!!
1950年代の輝かしいロックンロール。1960年代のポップミュージック。1970年代のハードでもある土臭さ。1980年代のきらびやかさ。そして90年代のオルタナティブ感。アメリカンPOPS、オールディーズ、メロディック・パンク、スカ、ロカビリーなど様々な音を吸収、融合したTHE SWING KIDS SOUND全12曲。LEARNERSの松田”CHABE”岳二が2曲ゲスト参加、ジャケット・アートワークはDESCENDENTS、ALLの作品も手掛けるCHRIS SHARYが書き下ろし、BEACH BOYS 『SURFER GIRL』、GREEN DAY 『BASKET CASE』、THE HOLLIES『BUS STOP』、CARPENTERS『I NEED TO BE IN LOVE』のカヴァー曲も収録と話題が尽きない注目作品。

Japanese Punkabilly band THE SWING KIDS will release Third full album on June 7th 2017.
Still fresh in memory, their cover of “GROWING UP”, a masterpiece of Hi-STANDARD, in a big hit split single with LEARNERS (Niw! Records/NIW126).
With soaking up 50’s shiny Rock ’n’ Roll, 60’s Pops, 70’s hard flavored earthiness, 80’s brilliance and 90’s alternative, they absorbed American Pops, Oldies, Melodic Punk, Ska, Rockabilly and various kind of music and loaded into these 12 tracks.
Gakuji “CHABE” Matsuda guest played in 2 tracks.
Jacket artwork by Chris Shary, known for DESCENDENTS and ALL artworks.
4 Cover Tunes: BEACH BOYS/SURFER GIRL, GREEN DAY/BASKET CASE, THE HOLLIES/BUS STOP, CARPENTERS/I NEED TO BE IN LOVE
Check out their remarkable new work.

FOD_LOGO
リリースライブ情報はこちら!

2016.11.3 in stores!
LEARNERS×The Swing Kids SPLIT
‘LEARNERS/SWING KIDS’

DIWPHALANX
NIW126/7″(レコード,CD付)/¥1,620(in TAX)

LEARNERS: Why Do Fools Fall in Love(Frankie Lymon & the Teenagers)
The Swing Kids: GROWING UP(Hi-STANDARD)


2015.2.4 in stores!
The Swing Kids 2nd album
‘Before The Dawn’

DIWPHALANX
PX279/CD/¥2,700(in TAX)

1. Heart Beat
2. Danny Boy
3. Territorial Spitting
4. Me, Myself And The Winding River
5. Jukebox Hero
6. (Just Like)Starting Over[John Lennon cover]
7. Travelling
8. The Cage
9. Sugar Hop No.5
10. Happy Birthday Sweet Sixteen[Neil Sedaka cover]
11. Bye Vacation
12. Los Angeles Cry

アメリカンPOPS、オールディーズ、メロディック・パンク、スカ、ロカビリーなど様々な音を吸収、融合した奇跡的なサウンドを奏でる横浜のPUNKABILLY BAND、「The Swing Kids」の約5年ぶりのセカンド・フル・アルバム、DIWPHALANX RECORDSより遂に発売!


1950年代の輝かしいロックンロール。1960年代のポップミュージック。1970年代のハードでもある土臭さ。1980年代のきらびやかさ。そして90年代のオルタナティブ感。THE BEATLES, STRAY CATS, GREEN DAYをミックスしたような・・・アメリカンPOPS、オールディーズ、メロディック・パンク、スカ、ロカビリーなど様々な音を吸収、融合した奇跡的なサウンドを奏でる横浜のPUNKABILLY BAND、「The Swing Kids」の約5年ぶりのセカンド・フル・アルバムがDIWPHALANX RECORDSより遂に発売します!John Lennonの(Just Like)「Starting Over」、Neil Sedakaの「Happy Birthday Sweet Sixteen」のカヴァー含む最強のPUNKABILLY&哀愁のPOPサウンド全12曲!!


2010.9.23 in stores!
The Swing Kids NEW DEMO TRUCK
‘BYE VACATION’

1. BYE VACATION
2. LOCO MOTION(Little Evaカバー)
3. JUKEBOX HERO
4. HOLD ME TIGHT(The Beatlesカバー)



昨年の夏、待望のファースト・デビューアルバムから1年。スウィングの夏はまだ終わっていなかった!ファーストアルバムから1年。これまでの彼らの勢力的なライブ活動やイベント主催などを経て産み落とされた、魂の(彼らのイメージではないのだがあえて )4曲入りデモトラック集!PUNK、ROCKABILLY、60′s POP、70′s ROCK、80′s メタル、SKA、レゲェなどなど、彼らの独特のフィルターを通せば、青い空と突き抜ける風のような爽快感で、いつもリスナーを地下のライブハウスからビーチサイドへと連れ出してくれる。そして、ボクのようなアンダーグラウンドな路地裏系ミュージシャンも納得のソングライティングと高い演奏力は、すべてのストリート・ミュージック愛好家の心を打つであろう。本作はメンバーによると「4曲入りデモトラック集」というらしい。それがなぜなのかはCDを再生した瞬間、答えが出た。そう、次回作である2ndアルバムがもうすぐそこまで見えているのだ。50年代~60年代の甘く切ない旋律に現代のパンク・サウンドのパワーをプラスして、1曲目からビンビンに迫ってくる。1stアルバムより全体的な音がさらにドリーミンに進化。クラブでも活用できるダンサブルなテンポ感。録音は新代田FEVER。ライブハウス録音でこのクオリティー。素晴らしい!今回収録の4曲もそんなThe Swing Kidsらしい作品がつめ込まれている。メロディック・パンク・キッズもネオ・ロカ野郎も胸キュン大好き女子からアンダーグラウンド・サイコスまで、期待どおりに満足し、且つ裏切られ、最後にニヤリとするような仕掛けを楽しんでもらいたい。そしてThe Swing Kidsのエンドレス・サマーは来年の2ndアルバムに向けて、まだまだ続くようだ。それまでこれを聴いて待っててくれ!

TSUYOSHI/SPIKE


THE SWING KIDSの新作”Bye Vacation”は「メロディックパンクとネオロカビリーとの融合!」なんて言葉じゃ足りない程、1曲1曲に様々な要素が含まれた力作。現在「メロコア」と言われる音楽のいわゆる「美メロ」とは違った50年代ポップスの様な胸キュンメロディーが満載で、キラキラ感すら感じる。(個人的にはチェッカーズとかTHE 5 TEAR DROPSの様な…伝わらないか)。かと言って、ロカビリー特有の「懐古主義」な感じや「頑固」さも無く、「今」の音楽として超ポップなロックンロールに仕上がっている。そして何よりこの作品からは、今から7~8年ほど前に出会った頃のビートルズになりたいのか、メロディックがやりたいのか、サイコビリーをやりたいのか模索しまくってたTHE SWING KIDSとはまるで別バンドかの様な「自信」も感じた。何年もかけて独自の交友関係を築いて数々のイベントに出演してゆくうちに、「新人枠」とはいえ、まさかのサイコビリー最高峰イベント「TOKYO BIG RUMBLE」への出演を果たし、1stアルバムをサイコビリーレーベルHELLTONE RECORDSからリリースする等、現在「メロコア」と認識されるバンドとしてかなり異例な動きが出来ている事も彼らの自信に繋がったのだろう。こういう「自分達の活動」と「自分たちの音楽」を持ったバンドは強いし、カッコ良い。依頼されたコメントの文字数が思いのほか多かった為、何故か偉そうな文面になってしまったが…とにかく、THE SWING KIDSがメロディックもロカビリーも大好きな僕としては、超たまらない作品を作りやがった!って事なんです。

STOMPIN’ BIRD TOM (Vo/G)


click to buy

DOMESTIC INFORMATION
diskunionを中心に9/23より全国のショップにて発売!

取り扱い店舗

9/25現在です、今後お取り扱い店舗増えます。



24th JULY,2009
1st ALBUM AVAILABLE NOW!!

HELL TONE RECORDS
HELL-07/CD/\2,625(in TAX)

1. CRUSH THE PARTY
2. DRIVE TO SUNRISE
3. NOTIFY SIMPLY
4. LONGEST TIME(Billy Joelカヴァー)
5. BRIXTON A GO-GO
6. PLEASE DON’T CRY
7. WALKING IN HELL ANYMORE
8. I SAW THE END
9. HEART(Rockpileカヴァー)
10. DON’T GO AWAY
11. MR. LONESOME MAN
12. H. THE FLAT TOP
13. SHINING DAY


DOMESTIC INFORMATION
diskunionを中心に全国のCD店にて絶賛発売中!

取り扱い店舗

OVER SEAS INFORMATION

If you want to get our music,
please accsess to “iTunes”!!

click here go to the download page


試聴はコチラ!

JUNE,2008
” Drive to Sunrise”

1,Drive to Sunrise
2,Brixton A Go-Go
3,For the Longest Time

3曲入り。夏全開のメロディックロカビリーからスカ まで!!
ビリージョエルの名曲を激カバー!!
525yen inTAX!!

Drive to Sunrise
取り扱い店舗

ライブ会場でも売ってます!


“SLAPPIN’
DUDES”



1- PSYCHO FOOD EATERS / Jerry Only
2- THE PEACOCKS / Happened Before
3- SEWER RATS / Not Only You
4- THE CREEPSHOW / Zombies Ate Her Brain
5- THE SWING KIDS / Drive To Sunrise
6- THE PEACOCKS / Gimme More
7- THE SWING KIDS / For The Longest Time
8- THE CREEPSHOW / Take My Hand
9- PSYCHO FOOD EATERS / Anyway, I Reflect
10- SEWER RATS / Riding Downtown

友達のNORI君(DUDE RECORDS, Low-Cal-Ball,QUICKDEAD)がやっているレーベルDUDE RECORDSより計5バンドでのスプリットリリースが決まりました!4月8日発売でタイトルは”SLAPPIN’ DUDES”!! 参加バンドは
THE CREEPSHOW(CANADA)
THE PEACOCKS(SWISS)
PSYCHO FOOD EATERS(JAPAN)
SEWER RATS(GERMANY)
THE SWING KIDS(JAPAN)
というハンパない内容になってます!!

アーティスト名:Various Artists
品番:DDCD-10013
JAN:458229296 0126
タイトル: PSYCHOBILLY DUDES
価格:1600円(税込み)
発売日:2009年4月8日
発売元:Dude Records
販売元:CR Japan
<03-5345-5780>


“THE SWING KIDS” “femalephonic” “RESORT”

1. intro
2.The CAGE
3.silent city

1.intro
2.lead me to right
3.lost time
4 .travelling

1.photograph
2.sunset beach

2001年8月発表のThe Swing Kids1stデモCD。配布用に制作したもので現在は配布終了。 2003年3月発表のThe Swing Kids2ndデモCD。1人の女性を描いたコンセプトミニアルバム。 2005年1月発表のThe Swing Kids3rdデモCD。アナタの夏を予感させるSUMMER TUNE 2曲入り。